ミニマリストのためのメディア アナグマ

ANAGUMA

暮らし

冷凍ストッカーで食事メニューに悩まない暮らしを

投稿日:

冷凍ストッカーは超便利

食事内容で悩んでついつい毎日スーパーに通ってしまったり、余計なものを買い込んで冷蔵庫を満杯にしてしまって食品ロスを多く出してしまったり日常のムダが出やすいのが食生活です。その無駄を減らすのにとても便利なのが冷凍ストッカーです。冷凍ストッカーは冷凍食品の倉庫のようなもので多種多様な食品を一度に大量に保存することが出来ます。一度に多く買ってしまえば買い出しの回数が減り、献立の計画性も増していきます。

冷蔵庫はもういらない?

冷凍ストッカーを買って冷蔵庫を手放してみましたが特に困ることもありませんでした。もともと冷たい飲み物を摂取するような習慣がない人には冷凍ストッカーのみの生活もおすすめです。冷蔵庫がなければ余計なものを買わずに済みますし一旦冷蔵庫をやめてみるのも良いかもしれませんね。

冷凍ストッカーのおすすめサイズ

個人で使える冷凍ストッカーサイズは50Lから150Lまででしょう。これ以上のサイズになるとドアやエレベータを通るサイズを超え、キッチンや部屋の中のスペースを取りすぎる上に、電気代もかさみます。150Lの冷凍ストッカーなら1人暮らしでおよそ2月分の食材を保存することが出来ます。オススメのサイズは100L前後のもので1月分の冷凍食材と常備しておくと便利な冷凍食品が余裕を持って保存できます。

冷凍ストッカーの電気代

サイズによりますが年間8千円〜1万円台前半のものが多く、当たり前ではありますが大きい容量のものほどかかる電気代は多くかかってくるようです。年1万円で冷凍ストッカーの電気代が増えた分と年間で減らせる食費(無駄の削減)を比べると圧倒的に節約効果のが高かったです。これは冷凍ストッカーの費用対効果の高さを表していると言えます。

おすすめ冷凍ストッカーメーカー別5選

冷凍ストッカーのメーカーの中でもとくに有名なメーカーでリセールバリューも高いものを選びました。初期投資は大きくなりますがストッカー生活が合わなくても手放す時に損をしづらい物を選びました。

パナソニック

言わずとしれた家電メーカーパナソニックの冷凍ストッカーです。
パナソニック121L右開き冷凍ストッカー

画像出典:楽天
500mlのペットボトルの大きさがそのまま入る深型バスケットがあり、急凍機能を備えた冷凍ストッカーです。天板は耐熱仕様のため電子レンジをおいて使うことが出来ます。冷凍食品との相性が良いオーブンレンジを置くのがとてもおすすめです。家庭用にもよく考えられていてドアポケットや引き出しなども備えています。
サイズ:幅480×奥行586×高さ1126mm
年間電気代目安:11600円(税込)

楽天で商品を見る

ハイアール

ハイアールは白物家電のシェアで世界一を誇るメーカーで、コスパの良い製品が売りです。
ハイアール103L上開き冷凍ストッカー

画像出典:楽天
ストッカー入門者に是非オススメしたいのが上開き100L代のこの製品です。年間の電気代は同系統の製品の中で群を抜いて安く、余計な機能がついていないシンプルさでまずはストッカーを使ってみたいという方に最適です。常温のものを入れたとき用の急冷スイッチ付きです。
年間電気代目安:4350円(税込)
サイズ:幅570×奥行565×高さ885mm

楽天で商品を見る


ハイアール102L右開き冷凍ストッカー

画像出典:楽天
耐熱100℃トップテーブル付きの冷凍ストッカーです。横開きで棚が3段あるので食品別に小分けするのがおすすめです。もちろん急冷機能付きです。直冷式で霜取りは定期的に自分で行う必要があります。
サイズ:幅500×奥行550×高さ990mm
年間電気代目安:5540円(税込)

楽天で商品を見る

アイリスオーヤマ

コスパ良く割り切った製品が得意なアイリスオーヤマは冷凍ストッカーも作っています。
アイリスオーヤマ100L上開き冷凍ストッカー

画像出典:楽天
2018年冷凍庫ランキング1位に輝いた楽天市場で一番売れている冷凍ストッカーです。バスケット付きで手前においておきたいものとストック食材とで分けられます。前方にダイヤル式操作パネルが付いています。

楽天で商品を見る

日立

言わずとしれた日立は昔から冷蔵庫、ストッカーなど作っています。
日立113L 右開き冷凍ストッカー

冷却方式がファン式で霜取りの必要がない前開きのストッカーです。消費電力は単純な設計の上開きのモデルに劣りますが、霜取りの手間がないのは大きなアドバンテージですね。透明棚2個スライドクリアバスケット2個クリアバスケット1個アルミトレイ1個と耐熱テーブルが装備されています。
幅460 奥行585 高さ1110mm
年間電気代目安:11400円(税込)
画像出典:楽天

楽天で商品を見る

まとめ

たくさんの無名メーカーのストッカーがありますが最終的に安心して使うにはメーカー性が一番安心ですね。メーカー製なら年数が経ってもなかなか値段が落ちないのでリセールバリューもあって結局お得のように感じます。自分に合ったストッカーを見つけられたら幸いです。

-暮らし

Copyright© ANAGUMA , 2019 All Rights Reserved.