ミニマリストのためのメディア アナグマ

ANAGUMA

ライフハック

ミニマリストがルンバを使って減ったストレスと増えたストレス

投稿日:

ルンバ導入のきっかけ

部屋にあるものをどんどん減らし、家具はソファと食事用のテーブルのみでカーペットも無くした部屋で困ったことがありました、それはゴミやホコリが目立つこと。毎日掃除をしていても髪の毛とか小さなホコリが毎日出てくる、それはそれはもう朝夕部屋を見渡すたびに気になるホコリが出てきて困っていました。髪の毛が長いのもあるけどさすがにへこみますよね。

ルンバはミニマリストの部屋にとても合う

ルンバに猫が乗っているおもしろ動画をみて思いたち沢山の種類の中から3万円台で買える機種を1晩悩んで購入しました。wifi環境はすでにあったので頑張って接続し、スマホアプリと連携をしたのち部屋に放ちました。(おおげさ)ここで忘れてはいけないのがルンバの家となるホームベースの設置!ここがルンバの待機する場所になるのでできたら部屋の隅にしましょう。説明書にはwifiがよく届き平らな場所と記載があります。

ルンバ導入後に減ったストレス

第一に掃除の回数が減り、あたりまえですが掃除用具に触る回数が劇的に減りました。部屋に落ちている埃も1日3回の自動清掃でかなり減り、仕事への出勤前とか部屋に帰ってきてからの自分の時間がかなり増えました。部屋掃除用のコロコロも普段使わなくなったのでしまって(本当は捨てたかったけど)ゴミ箱も2部屋に1個に減らすことが出来ました。ルンバを買って物は増えたはずなのにどんどん減っていく部屋の物。ストレスが大きく減ったように思います。

ルンバ導入後増えたストレス

コレはもう仕方ないのですが我が家のホコリの量だとルンバの掃除が週に2回ほど必要なのでそこは面倒です。ルンバ導入までは1日2回は掃除機をかけていたので掃除から遠ざかっている分面倒に感じているんだと思います。あとは休日の掃除の設定を忘れずにしておかないと日中家にいてもルンバが掃除を始めるので結構うるさくて、止めるのも追いかけてボタンを押すかアプリを立ち上げないといけないのでそこは正直にめんどくさいなと思います。土日など休日が決まっている仕事の人は1回設定してしまえば良いので問題ないかと思います。

ルンバの選び方

まず私が使っている機種はこれです。
iRobot ロボットクリーナー ルンバ643
画像出典:楽天

楽天で商品を見る


この機種はwifiの機能のついた最安モデルでした。他の機種になると5万円〜7万円と手が出ない金額になりますがこの機種との性能の差はあまりないように感じます。最高のものに投資する余裕があれば900シリーズの最新モデルをおすすめしますが、家の外から状態確認が出来たり、掃除の支持を与えられるwifi機能以外にそれほどこだわりがなかったので満足しています。ルンバの選び方としてはまず予算を決め、機能を決め折り合いのつくものを購入するのがおすすめです。安さ重視で他の機種を買ってしまって後悔しないようにしてくださいね。

-ライフハック

Copyright© ANAGUMA , 2019 All Rights Reserved.