ミニマリストのためのメディア アナグマ

ANAGUMA

ファッション

【デニム編】服を手放すときのことも考えたミニマリストの服の選び方

投稿日:

ワードローブに必ずある「デニム」をミニマリストはどれくらい愛用しているでしょうか?デザイン重視で選ぶ方・履きやすく動きやすい重視の方などデニムに対する考えはそれぞれ違います。

新しいものを履きこなして自分だけのジーンズを作りたい方もいれば、最初から履きやすく活動しやすいものを好む方もいるでしょう。

このジーンズも「定番」と呼ばれるものもあれば、トレンドを意識したデザイン性の高いものまで色んな種類があるので選ぶのも一苦労します。

購入した時には「ラインがキレイ」「色が好み」でも、「履いたらイメージが違った」「サイズが合わなくなってきた」事が多いのもデニムです。

ワードローブの中でも断捨離やリセールバリューしやすいアイテムでもあるので、購入するときには「シンプル飽きのこないデザイン」をえらぶようにしましょう。

デニムはラインの美しさで選ぶ


今ではデニムにジャケットスタイルも「お洒落」と言われるようになりましたが、カジュアルすぎることで気の張った場所には不向きと言われてきました。

男性と女性では選ぶときのポイントも違いますし、履きこむことで自分のものにすることができるので愛着もつき傷むまで履いたら同じものを購入する方も多いようです。

スローファッションに取り入れるには、特性を生かしたコーデをすることが大切です。女性は「エレガントに」男性は「清潔感のある着こなし」ができるものをチョイスしましょう。

レディースデニムは女性らしいラインが決め手


脚を長く見せたり、スタイルを良く見せたりできるデニムといえばスキニーデニムでしょう。ジャケットとのコーデもシックに決まりますしブラウスやシャツなののシンプルアイテムを組み合わせるとセクシーにも見えます。

おすすめはタイトなシルエットのスキニーデニムで、カラーも豊富であれば自分の雰囲気にあわせて微妙なコーデも楽しめます。

A.P.C.(アーペーセー)デニム ジーンズ

画像出典:楽天

楽天で商品を見る

フレンチカジュアルらしい上品なデニムは、ジーンズというようりもパンツと言っても過言ではありません。ジーンズは苦手な方も履きやすく、腰回りのシルエットが非常に美しいです。

シンプルなコットンシャツをパンプスでびしっと決めたい方は、一度お試しいただきたいですね。

G-STAR RAW(ジースターロウ)デニム

画像出典:楽天

楽天で商品を見る

オランダのデニムメーカーで革新的なデニムを次々と発表。ローデニムを中心に展開していますが、立体裁断のデニムなど革新的なスタイルを多く発表するなど日本でもファンが多いブランドとなりました。

レディースジーンズは、ヒップポケットなどに工夫があり足を長く美しくみせるなど魅力的なつくり。特に国産ジーンズには見られないナチュラルなカラーも注目です。

履きこんで自分のものにしたいメンズデニム


女性のデニムはスタイルアップや足長効果など、スリムでエレガントなものが人気ですが、メンズは「自分で育てていける」無骨なデニムを求める傾向にあります。

シルエットはすっきりしたテーパードデニムで、ノンウオッシュかワンウオッシュを選ぶ事。最初から色落ちしたデニムを選んでしまうと、カジュアル感が強くコーデの幅が狭くなります。

自分で色落ちさせた方が愛着がでることや、サイズアウトしてリセールバリューする時にも色は濃い目の方が売れやすいので便利です。

メンズファッションには欠かせないアイテム


ファストファッションブランドからハイブランドまで、多くのブランドのデニムがありそれぞれに個性があります。

気軽に履き倒すのであれば、ファストファッションのデニムでの十分ですが必要な衣類を着まわすミニマリストが選ぶべきデニムは「履き心地」と「シルエット」も吟味したいもの。

きちんと感のあるデニムはブーツやスニーカーだけでなく、革靴をコーデしてドレスダウンすることもできます。彼女とのデートも質のよいデニムにジャケットで、決めてみるのも素敵じゃないでしょうか?

デニムのお金はかけたくない方もいるでしょうが、良いデニムが1本あれば無駄な服を減らすこともできます。

男性にとってデニムはお洒落の基本でもあり、こだわりを持ちたい服の一つ。「デニムはリーズナブルなものでいい」と考えている方も、ミニマリストとしてこれから楽しむためにも考え直してみてはいかがでしょうか。

A.P.C.(アーペーセー)デニム

画像出典:楽天

楽天で商品を見る

女性のデニムでも人気があるアーペーセー。メンズのデニムも、他のブランドと比較するとクリーンな印象があり、形は細身でノンウオッシュが人気です。

シルエットがキレイなので、シンプルなシャツやカットソーなどとのコーデを楽しみたい方に是非おすすめしたいブランドです。

DENHAM(デンハム)デニム

画像出典:楽天

楽天で商品を見る

オランダ生まれのDENHAM(デンハム)は、デニム職人により設立されたブランドで、本格的なデニムラインはジーニストでなくても手にしたくなります。

ウォッシュ加工・ダメージ加工のジーンズが人気ですが、形は全体的にベーシックなのでシンプルスタイルにもコーデしやすいです。

ハサミのアイコンがポイントになるので、他人とはかぶりたくないお洒落なジーンズを探しているならチョイスしてみてください。

まとめ

定番アイテムでもあるデニムは年々進化し続けています。老舗ブランドは勿論ですが、海外のクリエイティブなジーンズ、日本初の岡山デニムなどまだまだ注目すべきデニムはたくさんあります。
ミニマムな生活を送るミニマリストだからこそ、定番アイテムにこだわりを持ち「自分だけの1本」を
選んでみましょう。

-ファッション

Copyright© ANAGUMA , 2019 All Rights Reserved.